CONCEPT

手相占いでメンタリング

[手相読み×心理分析]で、手と自分が好きになる!手相メンタリングの手相読みミズケイです。

自分探しの道の途中[手相]と出会う

こんにちは、ミズケイです(、`)ノ


ぼくは、中学生のころから、自分が誰だかわからず、わりと長いこと、人生迷子でした。それがイヤでイヤで、自分が嫌いで、自分を知ることを追求してきました。


そんなことをしていたら、自分のやりたいことが見つかって、いきおい会社員を辞め独立。今では、人の自分探しのお手伝いをしています(これを「アイデンティティのデザイン」なんて呼んでいます)。


そんな自分探しアイデンティティデザイナーが、あるとき手相に出会いました。今までひとつずつ掘ってきた自分の性質を、手相を見ただけで言い当てられ、これはホンモノだぞ!と、手相に興味を持ったのでした。

手相には[本当の自分]が書いてある

ぼくがやってきた自分探しの方法は、主に心理分析や診断テストです。こういった類のものが大好物なので、かたっぱしからやったのですが、「手相の鑑定」も、同じことを示していたのはビックリでした(鑑定してもらったのは、師匠であるにしけい氏)。


手相でその人の性格がわかるというのは、諸説ありますが、ぼくは、「その人の脳の様子が手のシワになって現れている」と考えています。「手は第二の脳である」という言葉がありますが、手と指で、大脳の処理能力の3割を使っているそうです。それだけの脳神経が手とつながっているのだから、手のシワが脳の様子を視覚的に現しているということに、うなずけませんか?

ミズケイの[ちょっと特殊な]手相

実際に、みなさんの手相を見せてもらうと、一つとして同じ手相はありません。そうやってたくさんの手相を見ていくと、また新しい発見があります。「あ、ぼくの手相ってかなり変わってるー」。


全体的にシワが多く、左右異なる手相。右手の感情線は二重感情線で、左手は複数の線がウネウネと絡まっている。左手の知能線は、二股で、1本は手のひらを横切るマスカケくずれで、もう1本は芸術の丘までスッと垂れ下がっている。


他人と違うことが何よりの喜びであるぼくは、この変わった手相を見ては、ニヤニヤしているのでした。中学生のぼくからしたら信じられませんが、いまは自分が好きだし、なによりこの個性的な手相が好きです。

手相は[ウソ]をつかない

手相は正直です。ウソをつきません。だって、そこに書いてあるんだもの!(笑)手に書いてある相がどんな意味であるかを読むのが「手相読み」です。


そこには、ありのままのあなたが描かれています。それをひとつずつ読んでいき、上手に使えているところは褒めてあげる。うまく使えていないところは、オセロの黒を白にするように、裏返してあげればOK。


ウソをつくことのできない手相と心理分析を組み合わせることで、本来の自然な自分に近づけるよう、心を整えていくことができます。かつてのぼくのように、「自分のことがわからず、自信がもてない」という人にはオススメです。

[手相読み×心理分析]でこんな相談に対応

  • 自分が嫌いで、自分に自信をもてない
  • 自分探し・天職探しなど人生の進路相談
  • 強みや才能の発見や能力開発
  • 人間関係や相性に関するお悩み
  • 仕事に対する適性など転職やキャリアの相談



就職・転職、独立起業、結婚などなど。

人生のターニングポイント、大きな決断の前にミズケイにご相談ください(、`)ノ


鑑定料金・コースについてはこちら

ミズケイのプロフィールはこちら

手相読み体験談はこちら